写真を見て気づく事

たまにはアルバムを開いて思い出を振り返っていますか?
嬉しかった時の事や悲しかった時の事など、写真には色々な思い出がつまっています。今日は、自分が写っている写真を見て気づき感じた事をお話します。

最初の1枚目の写真は、自分が生まれたばかりの頃の写真です。初めて自分が赤ちゃんだった頃の写真を見た時、「この小さい赤ちゃんが自分なのか」と少し不思議な気持ちになりました。続けて、幼稚園の頃や小学生の頃の自分の写真をじっくり見ていきました。すると、ある一つの事に気が付いたのです。それは、室内で撮った写真と屋外で撮った写真では、私の表情が明らかに異なるのです。
小学2年生の頃の写真を見ると、友達の家に遊びに行った時の写真では、とびきりの笑顔で写っているのに対し、遊園地や公園にいる時の写真を見ると、明らかに不機嫌な表情なのです。外で遊ぶ事が嫌いであった事が窺えます。

そんな正反対な2枚の写真を見た私は、「こんな事もあったな」と思い、ふと今の自分と昔の自分を比べてみるのですが、変わった所もあれば、全く変わらない所もある事に気付き、自分が色々な事を経験して、少しは成長している事を感じたのです。

写真を見ていると色々な思い出がよみがえってくるので、ちょっとした旅行気分が味わえて楽しいです。あなたもたまには自分の思い出を振り返ってみてください。自分の意外な姿に驚くはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>